<   2008年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ミソッチが踊る

2月28日 木曜日 晴れ
 昨日気が付いたが雲台のネジが無いことに気が付いた。
使っているうちに緩むので自転車で移動の時は特に気をつけていたからカメラを担いでの山歩きと思い駄目もとで行って見た。
あった、あったぁ~泥まみれで転がっていた、駐車をして三脚を立てる場所にあった
よかったぁ~
長男が穴を開けて紐を通してくれたので三脚にくくりつけた
これでよほどのことが無い限り大丈夫みたい。
ネジが直ぐに見つかったので一日この山で遊んだ。
林道を一回りして戻る。
ミソッチの鳴き声が近くで聞こえ、急いで探したら目の前の切り株で動いていた。
左右前後世話しなく動く、楽しい事でもあったかのようにね。
c0031909_2253205.jpg
c0031909_22534262.jpg
c0031909_2254398.jpg
c0031909_22541884.jpg
c0031909_22543810.jpg
c0031909_22545595.jpg

「ミソサザイ」13カット撮影。補正+1/3だったがss40では動きの早さに大半がブレ画像
ソフトの世話になってどうにか見られる画像に。
☆新しい発見!!東の林道にはルリビタキ♂が沢山いた、今後の楽しみが増えたね。
[PR]
by ricky_36b | 2008-02-28 23:01 | 野鳥

初音

2月27日 水曜日晴れ後時々雨
 ベニマシコ狙いで南の池に出かけた
先客一名、ほぼ毎日出会っていて新鮮味ないけど鳥待ちの間に世間話などを。
鳴き声は聞こえるが三時間待っても出てはくれなかった。
走るホオジロも面白いね
c0031909_2264535.jpg
c0031909_227418.jpg

風が冷たく我慢も限界のようで山科川に回ってみた。
c0031909_2235227.jpg
c0031909_2241355.jpg
c0031909_225045.jpg

先ずヨシガモpに、初日は15羽と聞いていたがたったの一羽だけ残っていた。
c0031909_22111791.jpg

c0031909_22125759.jpg
c0031909_22131787.jpg

撮影時はかなりの雨が降っていたが画像には写ってない。
開放4,5で撮影したがモット絞ったら良いのかな?

☆鶯の初音も長閑木幡池・・・・春はまだまだ先のような一日でした。
[PR]
by ricky_36b | 2008-02-27 22:21 | 野鳥

雪景色

2月25日 月曜日 晴れ
 冷え込みが強く水を張った屋内のバケツも凍っていた。
坂道の山は?と心配だったけど地道は案外凍らないようでスムーズに着いた。
途中のお寺の雪景色が余りにも綺麗だったので予定外に撮影した。
c0031909_2123764.jpg

「山科聖天」
c0031909_21233963.jpg
c0031909_21235413.jpg

春秋山荘」

雪が続くと小鳥のでも良い様に思っていたけど今日は良くなかった。
ルリ♀ばかりで・・・山道を行ったりきたり繰り返したが思わしい成果が無いままに午前中が過ぎた。
ミヤマホオジロを目当てに友は来ているのにルリビばかりではなんだか気の毒になってくる。
門跡で数種類撮影後東の林道を上がる、斜面の木が切られてすっかり様子が変わっていた。これではねぇ~諦めて下りかけたときに谷川のほうに待っていたオスが出てくれた
c0031909_21322319.jpg

ルリビタキ♂も段々撮れなくなっている、せめて撮れたときにアップして残しておきたい。
撮れると言うことは心にも安らぎを与えるものでほっとしてミヤマポイントに向かった。
待つこと40分、先日と同じ時間帯に出てくれた
友の喜ぶ顔を見て胸をなでおろした。
c0031909_21361481.jpg
c0031909_21364272.jpg

[PR]
by ricky_36b | 2008-02-25 21:36 | 風景

区域総合防災訓練

2月24日 日曜日 雪後晴れ
昨夜からの雪は屋根、庭木に大分積もっているが道路は時間の経過と共に溶け出しているどっちかといえば傘無しでも我慢できる程度の雪でこの分だと訓練は行われるだろう小学校に出かける。
放水なども予定されていたようだが生憎のお天気で中止となる。
入り口で懐炉を一枚もらって使ったが,話が長くあまり効果も感じないままに足元から冷えが忍び寄る。
「語り部」さんは40分の体験談と言われたときに集まった人から溜息が聞こえる。
40分が一時間になり、聴衆の中から「長い!!」それでもまだ「時間良いですか?」
一生懸命に話してくださってはいるが聞く側は震災の経験も無く危機意識が薄い、おまけに火の気が無い、何事も体験しなければこんなものかも知れない。
話の内容としては参考になることが多かった。
不手際もあり大幅に予定時間のオーバーで救急実演も途中で中止になる始末だった。
アルファ米で作ったご飯とお茶を頂いて12時に解散。
我が隣組からは参加者はたったの4人、年寄りも多い町内なのに参加は役員ばかり・・・・・・私も義理で出たようなもの、偉そうにはいえないが。。
c0031909_16555277.jpg

「70cm×95cm」チョット中途半端なサイズで見本どおりには上がらなかった。
今年になってレースを編み出した、少しずつモチーフを繋いでいく、最後に糊をきつめにつけアイロンを丁寧にかけ仕上げる、今日出来上がった。
贈り物に使うことに、喜んでくれるかぁ~
[PR]
by ricky_36b | 2008-02-24 16:59

ついてないなぁ~

2月23日 土曜日 小雨後曇り 
小雨が止み10時過ぎて中宇治川に「カワアイサ」を探しに出かけた。
風が強い、突風並みの風が吹き抜ける、当然だが急流は白波を立てて恐ろしいほどの勢いで流れていた。
三箇所見て回ったがお目当ての鴨はいなかった。
そうだね、何べんも通ってやっとかもしれないね。。。

時間も早かったのでベニマシコポイントへ寄ってみた
居る居る・・・・顔見知り三人、震えながら話している。
Fさんは車中から狙っていた、「乗ったら?」に横で暫し写真談義、チッチチの声に外を見るとお目当てのベニマシコが枝どまりしていた。あ~あ付いてないわ~鳥運無いなぁ~
溜息ひとつ!!
話しながら4時まで待ったが何にも撮れなかった。
撮影にでてシャッターを一回も切らない日も珍しいね。

2月12日 金曜日 晴れ
家の用事が一段落で山科川に出てみた。
絶対ポイントで待ったけど来ない、Y口さんがやってきて最近は下流のほうに出ていると教わった。
確かに、何回もホバッたがバックの明るさにとられてフォーカスしない
一回だけやっと撮れた。
翡翠ホバリング。」
c0031909_2023943.jpg
c0031909_20232527.jpg
c0031909_20234278.jpg
c0031909_20235831.jpg
c0031909_20242798.jpg

一度飛び去ると中々戻ってこないので下流に移動
このポイントにヨシガモが沢山やってきている
其の中に一羽だけ「ヒドリガモ」が混じっていた、顔の白い線が薄いので成鳥ではないようだ。
c0031909_2027356.jpg
c0031909_20274125.jpg

「ヨシガモ」
c0031909_20291792.jpg
c0031909_2028283.jpg
c0031909_20285228.jpg

 穏やかな日差しに鴨たちものんびりと過していた
その中に居眠りしている鴨がいた、こっくり、こっくり・・・春を思わせる陽気に眠くなるのは人も動物もどうやら一緒らしい。
メジロに花の組み合わせをと思い中州まで下がったが柳に新芽を食べて椿には全く止まらなかった、3時半帰宅。
[PR]
by ricky_36b | 2008-02-23 20:33

一年に一度の楽しみ

2月21日 木曜日 快晴
昨日今日と暖かい、朝から気持ちのよい青空が広がっているが家の用事も溜まって居るので今日は家で過した。
☆写真撮影もお休みしたので昨日撮った植物園での小鳥たちや帰りに立ち寄ったお山のヒガラをアップ。
c0031909_2312937.jpg

c0031909_23145619.jpg
c0031909_2315936.jpg
c0031909_23152753.jpg

「京都植物園ならではの梅にルリビタキ」
大阪からも数人のカメラマンが見えていた。
そうそう昨日はこんなことがあった。友が「この前のところで餌付けやってる」と、
係りの人がいたのでその旨を話して餌付けを止めさせてもらった。
本来の姿自分で餌を探して活発に動き回っている。野鳥はこうでなくっちゃぁ~
c0031909_23261841.jpg

c0031909_23252855.jpg

「アトリ」
 ☆お昼を進々堂でご馳走になった、ありがとう美味しかったです。
同じ鳥ばかりでは面白くも無いのし彼女もミヤマが見たいとのことで地元の山に入った。
遠かったが運良く出てくれホット胸をなでおろした(*^_^*)
c0031909_23274517.jpg
c0031909_232805.jpg
c0031909_2328165.jpg
c0031909_23283249.jpg

シジュウガラに混じって「ヒガラ」がでてくれた
話にも出ていたのでこっちも良かった。
彼女すっかりこの山が気に入ったようでとても喜んでくれた。
[PR]
by ricky_36b | 2008-02-21 23:30 | 野鳥

春の妖精たち

2月20日 水曜日 晴れ
友と待ち合わせで植物園に出かける
彼女のほうが一足早く着いたようで既に鳥撮影を開始している。
今日はお花を目的に来たので先ずセツブンソウpに行って見た、まだ小さく本当に目立たないが蕾みも多く全部で4箇所で開花だった。先週末の積雪で小さな傷も多い。
c0031909_22502256.jpg
c0031909_22505160.jpg

c0031909_2323524.jpg
c0031909_22513636.jpg
c0031909_2252937.jpg
c0031909_225241100.jpg

「セツブンソウ」
c0031909_22532747.jpg
c0031909_22534358.jpg

「バイカオウレン」
c0031909_2254699.jpg

「セリバオウレン」」
バイカ、セリバは山で見るほうがはるかにきれいだと思う、撮影がおろそかになってしまった。
c0031909_22545254.jpg
c0031909_2255867.jpg
c0031909_22553363.jpg

「マンサク」
c0031909_22584267.jpg

「スノードロップ」
c0031909_22585946.jpg

ラッパ水仙」
暖かい日差しに早咲きの花たちがほころぶ。
[PR]
by ricky_36b | 2008-02-21 23:03 |

贅沢なこと

2月19日 火曜日 晴れ
 10時過ぎに山に入ってみる、鳥が出る時間は決まっているようでこの時間帯では鳴き声すらも聞こえない、ミソッチをと思って来たが仕方なく上に・・・今日はバッテンポイントまで。
谷pではエナガの群れにまじってキクイタダキが餌を啄ばんでいる、幸先がいいなぁ~でも画像は悪いので没
真下隅っこで動く者が居る、良く見ると幼鳥のようなシロハラが居た
c0031909_22125228.jpg

幼い顔だし毛もぼさぼさで動きが悪いしこんな季節だが幼鳥と思われる。
この鳥が広い明るい場所に出たとたんに親と思われる成鳥がでて小突く、萎縮して怯えているような幼鳥に再びおそいかかった。
c0031909_22172337.jpg
c0031909_22174054.jpg
c0031909_22175531.jpg
c0031909_22181129.jpg
c0031909_22182927.jpg
c0031909_22184895.jpg
c0031909_2219825.jpg
c0031909_22192399.jpg

このシーンは全部で25カット撮れた。
今日ある方が交尾シーンだと教わったが幼鳥に見える。
c0031909_22232125.jpg

c0031909_22265776.jpg
c0031909_22273351.jpg

このポイントではいつも何か撮れる
カシラダカが一羽だけやって来た

☆バッテンPではやはりいつもの雄は出てこない、暫くたっていると縄張り争いで勝った?のか♀が愛想良く遊んでくれた。
バックに雪を入れたくて三脚をたて待っていたがこちらの思い通りに行かないもんだね、思いを読まれているようでレンズが向いているほうにはでてくれなかった。
c0031909_22293562.jpg
c0031909_2229559.jpg

「ルリビ♀」
引き返し入り口付近で立っていたら人の気配がした、S画伯がやって来た、宇治川に行ってみたが何も居ずにこっちに回ってきたらしい、バイクは手軽で回れていいね。
画伯お奨めのpに東の林道に連れて行ってもらった
この山一番と思われる雄がサービス満点で長時間遊んでくれた。
c0031909_2235101.jpg
c0031909_22355952.jpg
c0031909_22363114.jpg

「ルリ雄」
程よい時間に入り口に戻りミヤマを待つ。
一人のときはもちろんのこと今日は二人で固まって静かに待つ、期待に応えるかのように今日最後にミヤマもやって来た。
c0031909_22405318.jpg
c0031909_22415158.jpg
c0031909_2242213.jpg

「ミヤマホオジロ」
毎回同じ鳥ばかりだがルリもミヤマもと贅沢なことかもしれない。
[PR]
by ricky_36b | 2008-02-21 22:43 | 野鳥

休日

2月18日月曜日 雪午後曇り
目覚めていつものように東の窓から外を見る、昨夜は雪が降ったようで積雪4センチほど。
10時ごろにはこの雪も溶けたが一日中小雪舞う状態で家で過した
自分でもあきれるほどのたっぷりの昼寝つきで、こんな日もたまにはいいかっ(*^_^*)
[PR]
by ricky_36b | 2008-02-18 23:46

今日はてんこ盛りに

2月17日 日曜日 晴れ時折小雪
送れてはと早めの時間帯にお山に行った
Tさんと約束したと勝手な思い込みだったようで姿が見えない。
お寺を抜けた辺りからルリビタキを何度も見かける、以前撮っていた野菜畑の成鳥を車の中から見て其処からスタートした。
昨夜も雪模様で日陰には沢山の雪が残っている、小鳥たちも餌が少ないのだろう。
頻繁にいつものスターたちが現れた、もちろんルリの綺麗な色も。
「ヤマガラ」
c0031909_22554177.jpg

「ルリ成鳥♂」
c0031909_22562597.jpg

「エナガ」
c0031909_2257523.jpg

小雪がまう、ヌルデにルリ♀がやって来た。
c0031909_22575049.jpg

「ミヤマホオジロ♀」
c0031909_2301930.jpg
c0031909_2304341.jpg

身動きせずじーと佇んで待つと近くにミヤマホオジロが来て餌を啄ばむ、♀画像の綺麗なものが撮れた。
「ミヤマホオジロ♂」
c0031909_2355518.jpg

上に上がってみる谷ポイントではルリビタキ二羽、さらに上に進むミソッチ、ウグイスは地鳴きで動いているが姿が見えない
ミソッチポイントでルリビタキの追いかけを見ながらバッテンポイントへ
このポイントは雄成鳥のテリトリーなのだが今日は全く姿を見せてくれず代わりに若♂?か♀が出る。
c0031909_23131898.jpg
c0031909_23164252.jpg

さらに上に、日曜日で治山工事はお休みだと思っていたが頑張っている人もいた、泥々の道に閉口しながらYポイントへ到着、いつもの女の子たちが戯れていた。
ルリビにジョウビ、下がらなければ写せないほど近くまで寄ってくる
愛くるしいとはこの子のためにあるような一枚を。
「ルリビタキ♀」
c0031909_23254091.jpg
c0031909_23255279.jpg

c0031909_23292026.jpg

c0031909_23294676.jpg

「ジョウビタキ♀」
c0031909_23261894.jpg

シロハラの鳴き声を聞きながらさらに進む、ルリビタキ、ジョウビタキのみ確認。
雪も激しく降りだしたのを境に山を下りた。

帰宅途中にある門跡によってみた
S画伯とバッタリ、彼がこの時間帯まで居るもの珍しい、簡単な情報交換を済ませ一緒に撮影しその後帰宅。
「アトリ」
c0031909_23342136.jpg

「シロハラ」、山では自分が気づく前に飛び立たれるがここでは簡単に枝とまりが撮影できる環境のようだ。
c0031909_23345346.jpg

「トラツグミ」
c0031909_23372071.jpg
c0031909_23374693.jpg

唯一残念だったことはミソサザイにもてあそばれた感あり・・。次回こそ召し撮らねば・・・・
[PR]
by ricky_36b | 2008-02-18 23:39 | 野鳥