<   2006年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

    季節もの

 6月13日 火曜日 晴
c0031909_11224951.jpg
c0031909_112356.jpg

 さくらんぼを啄むムクドリ

安祥寺川沿いには八重桜が数本植えて在り遅めの桜を楽しめる
その桜には小さなさくらんぼが無数に成り小鳥たちの餌場になっている
「ヒヨドリ」は一羽で「ムクドリ」は群れでやってくる 地面に落ちた実を「スズメ」が啄む。
花粉で敬遠していた川べりにちょっと立ち寄ったときの一こま

 6月11日 日曜日 晴
 
 オットチャンの楽しみで家族で福井小浜へ出かけた
 「道具はそろえといてね」前日あれほど言っていたのに、忘れ物が多くて。
ほぼ一年振りの魚釣り、良く行った小浜は急な崖になっていてとても下りられない、泊りの方に向かう、以前だったら持ち帰らない小さな魚を釣り 嬉しそうにしていた。
見ていて胸が締め付けられる思い、本当は此処まで直って良かったねって喜ばなければいけないのかも知れない。
長男さんお付き合いお疲れ様でした。
c0031909_11394823.jpg

 泊り漁港から
 
[PR]
by ricky_36b | 2006-06-13 11:29

    雛

 6月6日 火曜日 晴 
お寺で雛が出たとの情報で6日7日と行って見る
6日はオットチャンの診察日に当たり午後から。
山科川100地点でY口さんと出会い「今日は駄目」の言葉にお寺に回った
大阪からの先客が一人撮影。
夕方4時までに6回親子連れがポイントに出て給餌シーンも撮れた
場所が暗く其処に暗いレンズ、シャープさが無い画像に少々がっかりもするが、持っていないので仕方が無いねぇ~
やっぱりカメラよりレンズの方を先に、、迷いの日々は続く。
c0031909_11545792.jpg

 6月6日撮影、親子(雛は♂)

 6月7日 水曜日 晴
昨日は落ち込んでも性懲りも無く早朝からいそいそとボバを狙って出かける
大阪からのDさんとばったり、ネットではお話しても実際に出会ったのは初めてで宜しくのご挨拶。
c0031909_1273178.jpg

話の最中にツバメの雛がモデルさんになってくれた

このところ山科川は出ないようでDさんはお寺、私は待ってみた。
一時間待っても駄目、安祥寺川に移動、暇つぶしの川べりの花を撮っていたが花粉の飛散に涙とくしゃみが止まらずお寺へと退散、
c0031909_1202975.jpg

 6月7日撮影「雛」の仕草が可愛い。
c0031909_12125910.jpg

ゴイサギの雛はかなり成長している
この季節ならではの親子の様子がほほえましいね
c0031909_12281537.jpg

c0031909_1215826.jpg

勧修寺は古刹でも有名、この季節の睡蓮、花菖蒲に人気があり観光客も多い
「お花も見てくださいよ」との受け受けの人の言葉に拝観料分だけお庭もパッチン。
こっそり入っているのに鳥見がバレバレ(笑)
c0031909_12363990.jpg

 家の近所で見かけたグミの実が夕日に輝いてきる、もうこんな季節?
子供のころの思い出が頭をよぎった
[PR]
by ricky_36b | 2006-06-10 12:32 | 野鳥

   6月

 6月二日 金曜日 晴
「クマガイソウ」「湿原のトキソウ」ハッチョウトンボ」と情報を頂き久々の伊吹山麓に出かける
c0031909_10575810.jpg
c0031909_10582630.jpg

奥伊吹での初見のクマガイソウ。
全くの自生では無い様ではじめに3株植えたら増えたとの民宿の奥様のお話だった。
寒さで遅れた「サラサドウダン」「スズラン」が庭先で華やかに咲き誇っている。
c0031909_1171436.jpg

羽化仕立て?のムカシトンボ生きた化石と呼ばれているらしい去年武奈ヶ岳でも見たことを思い出す。

確かこの道は五色の滝へと抜けられるはずとユリ園への道を山側に入ってみる
上からのは入り口は去年行ったので一旦下まで下がって入り口を見つけた
矢印の反対側、草むらの中に登山道を見つけ歩き出す
急登りを5分ほどで下のダムが見下ろせる平坦な道に出た。
聞き覚えのある綺麗な鳴き声にあたりを見回すと10mほど先の木の枝にオオルリがさえずっていた。とりあえずつけていた200mmで何枚か撮影、急いでレンズを交換したが嬉しさと興奮で手が振るえ明な画像では残せなかった・・・折角のチャンスを残念!!
c0031909_11215767.jpg
c0031909_11221866.jpg

去年撮影の場所までは思っていたより近かった、途中に「エビネ」「タチシオデ」「ツリバナ」を見ることが出来た。
c0031909_11263111.jpg

c0031909_11264786.jpg

初見の花たち「タチシオデ」「ツリバナ」
c0031909_11325329.jpg

山道を下って本流との出会い、イワタバコの葉も茂り7月後半が待ち遠しい。
今回は此処で引き返すが、崩れで倒木も多く相当の悪路になっていた

お昼から湿原に立ち寄る
c0031909_1138216.jpg

咲き出した「トキソウ」「ハッチョウトンボ」も数匹確認

たっぷり伊吹に一日、山奥で深呼吸肺の中までリフレッシュ?
[PR]
by ricky_36b | 2006-06-10 11:41 |

まとめて5月

 5月30日 火曜日 晴
c0031909_10412817.jpg
c0031909_10414828.jpg

薔薇を見に誘って頂き奈良に出かける。
まさかお寺に薔薇園があるとは想像もしていなかったので行ってビックリ!
「霊山寺」薔薇園見事なセッティグで何処から見ても綺麗、京都植物園の薔薇園、枚方パークしか見たことが無い私には認識を改める必要がありそう。
c0031909_1233411.jpg

c0031909_12341250.jpg
c0031909_12343628.jpg

お昼から回った慈光院、こっちは思いがけない拾い物だった
丁度ツツジが見ごろだったし良い季節にいけた様だ。
予定に無かったアルバムに出来た

和歌山の家族旅行に始まった5月もそんなこんなのお出かけで忙しく終わった

 5月28日 日曜日 曇り時々晴 5月27日 土曜日 晴
 「ラショウモンカズラが見たいからお願い」との友に再び朽木へ出かける
紫系統の花が好きな友は初見の花に感激の様子だった
c0031909_1018190.jpg

c0031909_10183656.jpg

 最近は大きくトリミングすることが殆ど無くなったが気まぐれにやってみたマクロ撮影の一枚レンズが明るいので大きな画像でもやはり綺麗だと思う
目的を果たし帰りに足利庭園に立ち寄る
関西花の寺○○だった、老木の椿が有名なようで本堂に飾ってある写真に見入った
椿の季節には来て見たい思いに駆られた
c0031909_10141188.jpg

c0031909_10155575.jpg

吉野窓みっけ、この窓はかなり好きな被写体で色んな角度から何枚も撮った。
竹で作られた菊水模様の向こうにもみじの新緑が美しい。

 5月27日土曜日 晴
記憶の中に「あそこで去年は山菜があった」の意識がとても強いようで何回も繰り返すオットちゃん。うるささに根負け、仕方なく昼前から今津マキノへ。
当然のことだがこの季節はもう何もない。
c0031909_1041724.jpg
カタクリの花後があるかもと栗林に入ってみる、うっそうと茂る新緑の林の中に花後が一つぽつんと在った。
4月華やかだった妖精さんたちに代わって「ツクバネウツギ」「イチゴ」「アマドコロ」が風に揺れていた。

  5月25日 木曜日晴
 翡翠が見たいとのことで大阪の友と山科川へ
先客にFさんがおられた、朝はサービスが良かったとのことで既にナイスキャッチを収められていた。待てども出ない、お昼を済ませ勧修寺へ、数回出てくれたが友はたったの一度だけカメラに収まったようで、気持ち消化不良気味の様子だった、まぁそれでも見れた。
c0031909_9562096.jpg
消化し切れ
 山科川ではカルガモの雛が誕生。願わくば親子が寄り添う姿だったが食事に熱中で撮れなかった。
[PR]
by ricky_36b | 2006-06-10 10:44

朽木へ

 5月24日 水曜日 晴
 前回の投稿から15日の経って・・簡単なこのブログを付ける時間ぐらいはいつでもあるように思うけど其れがなかなか・・・継続はむつかしいなぁ~
 後日の記録だし、気を取り直して。

特別に目的があったわけではないけれど、昼前からオットちゃんを連れて朽木に出かけた。
だから当ても無く以前行ったことのある場所を走ってみた、3月には通れた道も崖崩れで通行止めになって迂回路の立派な道路が出来ていたり能家方面からの山道はふさがりそこで行き止まりだったりした。
そこかしこに見られる山藤、ベニドウダン、ラショウモンカズラ、ヤブデマリ、スズシロソウ、ミゾホオズキを確認で帰宅。
そうだ、桐の花も道中には沢山咲いていた、そのとき書かないから記憶もあいまい。
c0031909_1134433.jpg
c0031909_114474.jpg

[PR]
by ricky_36b | 2006-06-05 01:19 |