<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

   神戸へ

 4月27日 木曜日 雨のち晴れ

京都に来て初めて住んだ山階南学区の女性会の皆さんと神戸に出かける
総勢60人弱、真珠の田崎さんの送迎バスにて、名目は17年度総会とあったが食事と買い物および最近開港の神戸空港の見学だった
美味しい食事と京都には無い風景を堪能の一日だった。

☆真珠の輝きはとても綺麗!が気持ちは動かない。
カメラ、明るいレンズ・・・魅力にあふれている今日この頃
以前からは考えられないなぁ(^^ゞ
c0031909_9111086.jpg

[PR]
by ricky_36b | 2006-04-28 09:11

    富山にて

 4月25日 火曜日 晴れ
c0031909_8531668.jpg

富山チューリップフェアーにて
c0031909_904378.jpg
球根栽培のお花畑にて撮影
行きつけの花登さんが富山に孫を見に行かれるのに便乗させてもらった
今年は寒かったので開花時期が少し遅れてGW後半が見ごろのようでちょっと早かった。
偶然通りかかった道でお花畑を発見!過日見せてもらった花登の大将が描かれた絵の場所だった。
満開の花畑でここが一番良かった。
[PR]
by ricky_36b | 2006-04-28 09:03 |

    ベニハコベ

  4月24日 月曜日 晴れ
 去年ネット仲間のSさんの掲示板にルリハコベ」を投稿レスに眠り姫さんが貼ってくださったのが発端の花。
冗談に「種をお願いね」と書いていたら今年苗を送ってくださった。
言った事もすっかり忘れていたので荷物を受け取っても思いだぜず中身を見て初めて納得。
晴れていないと開かない花、晴天に撮影。
c0031909_8503767.jpg

c0031909_8505496.jpg

赤朱の小さくて可愛い花。大事に育てたい。
[PR]
by ricky_36b | 2006-04-28 08:51 | 山野草

    ギフチョウ

 4月23日 日曜日 晴れ
大原野までのアクセスを思うとなかなか腰が上がらず情報を頂一週間過ぎてやっと動き出す。
それも大ちゃんにお願いして金蔵寺まで送ってもらった
南春日からは道幅が狭く離合も大変、文句を一身に浴びながらもやっと(^^ゞ
c0031909_8224818.jpg

金蔵寺の境内遅咲きの枝垂れ・・雨上がりの紅葉の新緑と重なりかなり綺麗だった
c0031909_8245223.jpg

念願のカタクリにギフチョウ、興奮と焦りと・・・少々ボケ ボケ。。。
c0031909_8251595.jpg


一時間ちょっとで小塩山山頂へ着く。
念願のギフチョウは12時ごろに一旦山頂に集まりそれから少し下がるとのことだった
12時も回っていたし片栗の林へと急いだ
居た!一頭 せわしなく花から花へと全然止まってくれない。
たまに10秒ほど止まっても三脚使用では動きに追いつけなかった
長い時間止まったら背景が悪い、レンズが花用のものだったり・・・
やっとの二枚。。。
c0031909_8314060.jpg

「ヤブレガサ」
カタクリの花は6箇所の谷筋で見られるようで三箇所目で山野草を見かけた。
ヤブレガサ、エンレイソウ、ミヤマカタバミ、それにシロバナカタクリを確認。

3時30分を回り花の寺方面へ下山、時間的に花の寺はパス、大原野神社の境内を少し散策
阪急電車、地下鉄乗り継ぎで6時30分帰宅 陽も長くなったを実感
[PR]
by ricky_36b | 2006-04-28 08:37 | 山歩き

    大阪へ

  4月20日木曜日 晴れ
 天気予報では春の嵐を強調していたので琵琶湖畔ドライブを中止して大阪行きとなった
ネット友が昼食に招待してくれフレンチをご馳走になる
こんな豪華版は初めてで食べ方もようわからん(^^ゞ
Hさんが写真に撮ってくれた、最初と最後。
デザートが美味しかったなぁ~
有る種類はすべてOKですよの言葉に、少しずつだが全部頼んでしまった私、甘いものによわいなぁ~でも、全部一人で食べたのではないよ・・言い訳している。
c0031909_10581661.jpg
c0031909_10583231.jpg

HさんYさんおご馳走様でした
[PR]
by ricky_36b | 2006-04-21 10:59

    山科川へ

  4月19日 水曜日 曇り 時々晴れ
HPの掲示板の調子が悪く3日程前から画像が貼れなくなっていた。
自分の投稿では問題なく晴れたので容量が大きすぎるのだろうと思ってほっていたが軽いものでの「サイズ取得が出来ません」と出たのでアルバムを二個移動して容量確保を済ます。
c0031909_1094159.jpg

 お昼から山科川へ出かけてみた
いつものポイントには先客が一組、顔見知りのHさんとKさんだった。
朝から一回来ただけアカンなぁ~の言葉を聴きながらも撮影の容易をした。
4時間粘ったがやっぱりカワセミは来てくれなかった。
カワセミ待ちに流れの花びらを撮ってみた、流れが速すぎて全部の花びらが動いていく。
NDを付けると暗すぎ、なしで絞って撮影も思った画像は撮れなかった
c0031909_10111666.jpg

ダイサギは夏模様に替わり花びらの中をゆっくり歩いていた。
c0031909_1041753.jpg

c0031909_10412440.jpg

見回せは満開の枝垂れやこれからの八重桜もほころびかけていた。
もう桜はいいかなぁ~と思いながらもやっぱり撮影。
[PR]
by ricky_36b | 2006-04-21 10:43

    近江八幡へ

 4月17日 月曜日 はれ
 
京都の桜も一段落で予てから予定の八幡掘りに出かけた。
早朝からお弁当を3個作る、久しぶりだなぁ~朝からお弁当を三個作るなんて・・・・
湖岸の風景も春本番を迎えて緑が濃くなっている、パーキングエリアには水仙も植えられここぞとばかりに咲き誇っていた。
c0031909_9464943.jpg


風景を撮りながら進む、二箇所目の平池を済ませて車を止めたところに戻ったときはもう11時半を回っていた、早めだと思ったがここでお昼をと用意をしたら横を見覚えのある大型バイクが抜けていった・・「あ!!Mさん」
オットちゃんに先に食べてもらっている間に短い世間話などをした。

この季節の湖岸道路は桜並木が見事で麦畑の緑とのコントラストが際立って美しいと思う、何処を切り取っても絵になる風景が広がるが悲しきかな車が止められない。
 八幡掘りに着いたのは12時半ごろだったが期待通りに満開の桜を楽しみことが出来た。
c0031909_9512698.jpg
c0031909_952070.jpg
c0031909_9522429.jpg
c0031909_9524149.jpg

白壁と桜、柳が良く似合う掘割の風景。
c0031909_953033.jpg

たねやさんの唐草模様のライトは昨年秋に新しく替えられたようだ、蹲や灯篭とともにとても好きな被写体の一つ。
[PR]
by ricky_36b | 2006-04-21 09:56

    纏めて二週間

 4月11日 火曜日 雨
 関東からのお客様のご案内で二条城、龍安寺へ。
雨の庭園もまた綺麗を実感、激しい雨に洗われ緑がとても綺麗だった。
c0031909_0271358.jpg

c0031909_028317.jpg

 二条城庭園。
c0031909_029971.jpg

c0031909_0295236.jpg
c0031909_0303675.jpg

 龍安寺石庭への入り口付近、もう石楠花と目を見張る、ここの石楠花は早いらしい。
龍安寺石庭の土塀の吹き替えが去年行われて様で新しく綺麗だったが違和感を感じた
古い寺にはやはり風雨にさらされ年月を経た色調が良く似合うように思った。

 4月9日日曜日 晴れ
 醍醐山~・・・

醍醐山から石山へ」を目標に・・・年一コースを歩く
東笠取り部落は、桃、桜、椿、猩猩袴、山葵、イワナシ、足元の菫、タンポポ
と春満々に咲き乱れる。今年も期待で胸を膨らませて出かけた。

c0031909_0431228.jpg

何といっても久しぶりの上醍醐寺への階段はきついものがある。水場で一休みの一枚
c0031909_0453479.jpg

参道の脇には「アオキ」の真っ赤な実が薄暗がりの中でも良く目立つ、かなりの大木が多い。
これほどの大木は滅多に見かけないので撮影した。
c0031909_0485110.jpg

山門から約一時間、醍醐味の語源になった醍醐水に到着、お茶は持っているがリュックから出すのが面倒でこの水でのどの渇きを潤したが「甘露じゃぁ・・」とは思えない、すっくりの口当たりでも何時飲んでも生ぬるい。

 お昼にはちょっと早かったが東笠取りへの途中の渓流沿いでお弁当を頂く。
ネコノメソウの緑が鮮やかだったので眺めていたら群落の中に目立たない白い小さな草丈の花を発見、もしかして・「シロバナ・・・」心がはやる、よく見ると沢山の可愛い花が咲いていた。
踏まないように気をつけながら撮影、あったぁ~二年間探し続けてやっと巡り合った花の何と可憐で可愛らしいこと!先があるのに時のたつのも忘れて其処にいた。
c0031909_17045.jpg
c0031909_175780.jpg

 シロバナメコノメソウ
さて東笠取りについていつものようには馴染みの花たちの撮影を済ませる
ジロボウエンゴサク」はまだ開花花が蜜からなかった。
いつもだと桃源郷のような川べりの風景も今年は寒さで見られず、今頃梅が満開の状態だった
この分だと奥宮神社の桜並木も無理だろうとの判断で来た道を引き返した
c0031909_1163739.jpg

 猩猩袴
c0031909_1172488.jpg
c0031909_1174682.jpg

古木の椿は洞が出来て幹には蔓草が、これだけ大きな椿の木になるには百何十年?
貫禄も十分な風格を漂わせている
この木を見るのもこのコースの楽しみの一つでもある

 4月8日 土曜日 晴れ
家族で背割堤のお花見をとの約束で出かける
人気のポイントのようで渋滞と人込遠くから眺めただけで退散した。
流れ橋を見てそのまま木津川沿いを京都に向かう、どこかで道を間違えたらしい、それがとてもラッキーなことに突然延々と続く桜並木に出会った。
後で調べたら「京田辺の堤」のようだった。
川幅も狭く高さもないない水の流れも少なく川に入って撮影した。
c0031909_128216.jpg
c0031909_1282348.jpg

c0031909_1292660.jpg

難点も一つ、道幅が狭く車を置けないこと。
折角の家族での花見も黄砂も酷くまたオットちゃんも喜ばない、車から下りない花より団子・・・・だった。
 4月6日 木曜日 晴れ
九州からTさんが京都観光へ・・醍醐寺に案内した。
撮影に時間がかかるとかで今日はここ一箇所と言われた
私も醍醐寺はすでに2回撮影済みで「終わったら連絡ください」でいったん帰宅する。
タクシーでホテルまでお帰りになったようで連絡をもらった。
 
 4月3日 月曜日 曇り
 
仲良くして頂いているネットとも九州のKさんご夫妻と琵琶湖一周へ・・
三井寺も花の気配もなく立ち寄っただけで湖畔をドライブ、マキノチョウのカタクリも全くなく道端にはまだ雪の塊が見られた。
メタセコイヤ並木に感動され撮影されていた。
長浜のお城の梅園では梅が満開このときは青空も広がり澄んだ空に城をバックによく似合う。
何もないので帰りも早く御苑へ、こっちは糸桜に夕日が当たりとても華やいでいた。
この後お泊りのホテルへ。
4日は醍醐寺、山科疎水、毘沙門堂、、清水寺、植物園とご案内した
ハードスケジュールの2日間かな。

3月26日~30日まで娘の家族が来ていた
孫の成長は早い。初ちゃんはしっかり聞き分けるようになっていたし10月に生まれた駿ちゃんも随分大きくなって・・・大きな目で・・・ただこの子は始末が悪いなぁ~
夕方になれば涙を出してなくし、いつも抱いていなければいけない、一人遊びをほとんどしない。
短い滞在だったが子守も疲れた。
[PR]
by ricky_36b | 2006-04-13 01:58 |